ジャスタウェイのブログ パワプロ2013 MLBパスワード

パワプロ2013 NPB選手約400人掲載済み。MLB選手を掲載開始。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

怖い映画 ドラマ CM ~特に昭和編~

怖いドラマ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
毎回パワプロの日記だと頭がおかしくなりそうなので、今日は珍しく普通の日記を。

怖かった映画、ドラマ、CMのことを書こうかなと。
地上波は規制が多く、つまらない番組が増えてしまった。
昔の土曜ワイド劇場や土曜ゴールデン劇場などは、今では絶対放送できない内容のモノが多かったのです。
土曜ワイド劇場では、風呂場での解体シーンや、風呂のドアの所に女の人が杭を打たれていたりとか。
土曜ゴールデン劇場では、「13日の金曜日」や「仁義なき戦い」が繰り返し放送されていた。
宮崎事件や酒鬼薔薇聖斗事件あたりかな? 厳しくなったのは。
という事で、今日はもう一度見たいモノの動画や画像を貼っていきます。
「こんなんあったなぁ~」と懐かしんで頂ければ幸いです。
 



~映画~

①金田一耕助シリーズ
初めて見たのは小学校一年生の時。
毎週火曜日の19:00から楽しみにしていた「キン肉マン」ではなく、その日は「病院坂の首縊りの家」が放送された。
テレビの近くで見ていたため、生首のドアップを拝むハメに → 速攻コタツの中へ(笑)
今見ると楽しめるのだが、当時は衝撃過ぎてその日はなかなかトイレに行けず寝れなかった。
しかしこの後、金田一の世界にのめり込むことになる。
過去に30人ぐらい演じているが、石坂浩二の金田一が一番楽しめると思う。
そして昔の金田一の凄い所は、一線で活躍していた女優が多数出演している事だ。
高峰三枝子、草笛光子、三条美紀、岸田今日子、島田陽子
一つの作品で、こんなに風格のある女優陣が見れるのはそうそう無いだろう。
今現在の女優陣では格が違いすぎて、同じ水準の映画は撮れないと思う。
紹介動画で初めて知りましたが、音楽は「ルパン三世」の大野雄二さんが担当していたんですね。
今CS放送では金田一シリーズが放送されているみたいですね。
悪霊島、ショーケンが出ていた八つ墓村、三つ首塔 etc........すげぇ~見たい。




②DONOR ~人格移植~

新人看護婦が赴任してきた総合病院で、女性の臓器が盗まれるという事件が発生する。
彼女は秘かに調査をするが、やがて病院長の恐るべき秘密を知る事になる。
遺伝子治療を題材にしたバイオホラー。

この映画は、高校生の時に中山忍さん(中山美穂の妹)が学園祭の時に呼ばれて紹介してくれた映画です。
残念ながら動画はなかったです。



VG-335L.jpg


③地獄の警備員

閉ざされたビルという空間の中で、殺人鬼である警備員に襲われる女性社員の恐怖を描く。
警備員として雇われた元力士の富士丸。彼は過去に殺人を犯しながらも精神鑑定により無罪となっていた。
一方で、絵画取引のために雇われた元学芸員の秋子は忙しい毎日だった。
そんな中、富士丸は同僚を殺害、徐々に狂気をあらわにして行く……。

これは夜中にたまたまテレビをつけたら放送していたので見ていました。
今では有名な松重豊が警備員を演じていて狂気です。
女の人をロッカーに閉じ込めて、力士パワーで粉砕するシーンがトラウマw



51dLQK5ST4L.jpg


④RAMPO


この映画は怖いというより不気味........「帝都物語」とか「姑獲鳥の夏」みたいな感じかな。
特に運転手役の大槻ケンジが、雷が光っている時だけ顔がガイコツになるシーンとか。
動画は短く速いですが雰囲気だけでも。






~ドラマ~


①現代恐怖サスペンス


現代恐怖サスペンスは、関西テレビ放送が製作し、1986年から1989年にかけての夏期に放映したテレビドラマシリーズ。
月曜夜10時枠の連続ドラマである。
本項では「現代怪奇サスペンス」「現代恐怖サスペンス」「現代恐怖サスペンス2」「現代神秘サスペンス」の4つを同シリーズと見なして記載する。

少し前の「世にも奇妙な物語」のような感じで、日常に潜む理不尽な物語って感じでしょうか。
特に私が印象に残っているのは、石立鉄男(ワーカメ好き好きのおじさん)出演の「赤いハイヒール」。

プレイボーイのマルチタレント・春彦が、無名時代に捨てたOLの霊に復讐される。
恐怖を呼ぶ赤いハイヒール。それは、少年時代の記憶にも関係があった。

記憶が曖昧だが夜中に竹藪の道を、「たっ、助けてくれー」と必死に逃げている石立鉄男。
さらにその後ろから、赤いドレスに赤いハイヒールを履いた30人ぐらいの集団の女性に追いかけられる。
今見たら笑えるのだろうけど当時は恐怖でした。

そして2チャンネルでよく話題にされているのが、「ししゃもと未亡人」。
タイトルだけ見たら笑えるのですが、内容は本物。
このシリーズ最恐ではないかと言われています。

「未亡人の節子(小川真由美)が中古住宅に越してきてから三カ月。
電気料金が異常に高い。電力会社に調査をしてもらううちに、思わぬ事実が…。
ありふれた日常生活の裏側にひそむ恐怖を描くという新シリーズの第一話。



ししゃもと未亡人


②妻そして女シリーズ


小学4年生の時に話は遡る。
当時昼の13時から花王 愛の劇場でやっていた「天までとどけ」という大家族のドラマがやっていた。
クラスメートも皆見ていたぐらい人気のあるドラマだった。
その「天までとどけ」の後の13:30~13:45まで放送していた、妻そして女シリーズ。
1987~1991年 夏季には、「心霊ドラマスペシャル」として放送していた。
このシリーズの中で最も怖っかたのは、「姑の復讐」。

老人ボケが始まった姑を無理矢理老人ホームへ追いやった嫁が、夜毎姑の生き霊に悩まされる。

4日連続で放送していたと思うが、最終話の清川虹子が演じる姑がヤバイ。
夫婦、そして子供が食卓で食事をしているシーンで子供(馬渕 英明)が、「あっ、おばあちゃん」と2階を指差す。
母親(浅利香津代)が、「おばあちゃがいるはずがないでしょ。」と言った瞬間、2階で人が歩いている音がする。
父親(河原崎建三)が一瞬凍りつき2階を見上げた瞬間、青白い顔をした姑が斜め45度の角度で座っていて終しまいって感じで終わる。

タイトルは忘れましたがこの他にも怖い物語は多かったです。
車で逃げてる最中に、ボンネットの上に血だらけの女性が落ちてくるなど。
余り有名でないみたいで、2チャンでは話題すら挙がっていなかった。
オープニングとエンディングに出てくる斑模様の鐘が恐い。
鐘全体に火が灯されているのですが、流れている音楽が不気味でした。



③奇妙な出来事

世にも奇妙な物語の前身と言われているオムニバスドラマ。
私は再放送で知り、視聴出来たのは室井滋出演の「BE MY BABY」だけ。
北村魚というおばさんの行動一つ一つが不気味でした。

確か物語では室井が女優の役、北村がマネージャという立場だったと思う。
一緒にプールに入ってしばらく室井が話していて、目の前では北村が浮き輪に乗って泳いでいる。
そして室井が何気に横を見たら、さっきまで自分の目の前を泳いでいたはずの北村がどこにも居ない。
ふとプールサイドの外を見たら、とっくに服を着替えて歩いている北村魚。
終始こんな感じで不気味な世界観だったと記憶しています。
説明が曖昧ですみません、誰か見ていないかしら。

ちなみに世にも奇妙な物語でもう一度見たいのは柳沢慎吾の「大注目の男」。
昔の世にも奇妙な物語は本当に怖かった。
というか、サンテレビで世にも奇妙な物語の再放送がやっていたみたいですね。
兵庫県のみんなーーーーー、録画はしておいてくれたかーーーーー(笑)。
今日になって、「世にも不思議な怖い話」という番組に切り替わっている。
フフフ、兵庫県のみんな、頼みましたぞ(必死)。

奈良テレビはロクな放送が無いのよ。
ショッピング → 通販 → 韓国ドラマ → 大江戸捜査網(毎年) → 夕方まで通販 →
  しまじろうというアニメ → テレビ東京の放送を半年遅れで放送 → 夜のニュース 終わり。

ブチ切れるラインナップでしょ?
視聴者の要望ゼロの番組作り(笑)
なので私が奈良テレビの放送を改変しました↓

7:00~11:59 東映アニメ祭り(よく高校野球で放送が潰されていました)
12:00~13:59 土曜ワイド劇場(1970年~1990年までの名作を再放送)
14:00~15:59 火曜サスペンス劇場(1970年~1990年までの名作を再放送)
16:00~17:59 アニメ大好き(日本(読売)テレビで放送していたやつです)
18:00~19:59 ザ・サスペンス(TBS 1982年4月10日~1984年9月29日)
20:00~21:59 月曜ワイド劇場(テレビ朝日 1982年10月4日~1986年9月22日)
22:00~23:59 日曜恐怖劇場(1978年8月6日~1979年9月30日) / 現代恐怖サスペンス(1986年7月7日~1989年9月25日)
0:00~00:59 おとなの絵本 / アイドル伝説
1:00~     天理教のCM おしまい

うむぅ~、完璧だ。
視聴率は70%を記録するだろう



④土曜ワイド劇場(1980年前後あたり)


今では考えられませんが、昔の土曜ワイド劇場は結構怖い話もありました。
この時代の土曜ワイド劇場はフィルム撮影特有の怖さ、エログロなシーンが多く、もう拝めないのが辛いですなぁ。

予告編で見た一つ思い出せないタイトルがある。(女優の名前も思い出せない)
・来訪者?訪問者? もうちょっと長いタイトルだったと思う。
・家のドア(玄関の外側)にナイフが刺さる(主人公を狙ったモノだと思われる)
・その日私が見ていたのは、水中バレエ連続殺人事件?というタイトルだったと思う。
・おじいちゃんの家に泊まりに行って見ていたので小2ぐらいの夏休み(1986年ぐらい)

それとオープニングの曲が怖さを増していますね。
信号機のような、青、赤、黄、緑が入り乱れた映像で、これを考えた人は天才だと個人的には思っています。
私の心の中に何十年たっても残っているのだから。
そしてドラマが終わった後のABC天気予報。
あの無機質な音楽も不気味で、天気予報も含めて土曜ワイド劇場と考えております(笑)。



実際に見ていないけどネットで噂になっていて気になるホラードラマ


・不思議な幻燈館
・なっちゃん家
・日曜恐怖シリーズ


~CM~


怖いCMで検索すると、皆さんの様々なCMの思い出が見れたりします。
ACのCM全般、JUNGLE、ファンヒーター回収のお知らせ、はぎや整形(笑)など。
でも中には、そんなん怖いかぁ?と思うCMもあります。
で、今日はネットでも余り騒がれていない私の個人的な不気味CMの動画を貼っておきます。



①奈良ローカル限定 本家・菊屋のCM



動画は見つかりませんでした。
白黒の画面にスローで流れる鞠(まり)をついている女の子。
そして中高生ぐらいの女の子が、今にも死にそうな声で歌っている。
「ねんねんねーんころり~ ~省略~ 城のく~ち~」という不気味なサウンドが流れる。
当時、桃太郎伝説というアニメを見ていた時間帯に良く流れていて、私にとって恐怖の時間でした。



②家庭教師のトライ(レコードバージョン)


これも知られていないと思います。
トライと言えばハイジのイメージが強いと思いますし。
最後の繰り返しがヤバイ。






③コピーは三田(階段バージョン)


ビルが崩れるシーンのバージョンは有名ですが、私が押したいのは階段バージョン。
バックで流れる音楽も不気味で、「ティナトー」って聞こえる(笑)。
昔深夜で流れていた、「ミカドロイド」という洞口依子主演の不気味な映画の間のCMで頻繁に流れていた。






いかがだったでしょうか?
気晴らしに書いた日記が普通の日記になってしまいましたが。
皆さんがオススメする恐怖系の映画、ドラマ、CMがあったら是非教えてください。




テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2014/08/16(土) 23:10:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パワプロ2013 ファーガソン・ジェンキンス パスワード | ホーム | パワプロ2013 エスティバン・ロアイザ パスワード>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jastaway1104.blog.fc2.com/tb.php/2121-e5351f5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。