ジャスタウェイのブログ パワプロ2013 MLBパスワード

パワプロ2013 NPB選手約400人掲載済み。MLB選手を掲載開始。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パワプロ2013 星野伸之 パスワード

パワプロ2013 星野伸之 パスワード

選手名 星野
利き腕 左投左打
投球フォーム オーバースロー51
身長 183cm
守備位置
球団 オリックス・ブルーウェーブ
学歴 高校卒
バット色
グローブ色
リストバンド左右色 無/無
背番号 28
生年月日 1966/1/31
再現年数 1992年
勝敗 13勝9敗
防御率 3.62
奪三振 175



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
星野伸1

図①

星野伸2

図②

星野伸3

図③

星野伸4

図④

星野伸パス

図⑤

星野伸顔パス

図⑥



参考資料

パワプロデータ
wiki

TOPページに戻る

テーマ:TVゲーム・PCゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/01/04(土) 15:11:15|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<パワプロ2013 森弘太郎 パスワード | ホーム | パワプロ2013 平野佳寿 パスワード >>

コメント

球速や特殊能力、フォークの変化量に関しては反対ではないのですが
>コントロールは75~78くらいまで上げる。
というのはさすがに高すぎかと・・・
球速が遅くても抑えるような設定というのは難しいですが、私は70前後が妥当だと思いますよ
  1. 2014/12/14(日) 13:41:31 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

ごもっともですが……。

ごもっともですが、星野の現役時代は「飛ぶボール」の時代だったので、当時の投手の防御率は、今と比較すると、最低でも30パーセント、差し引いて考える必要があると思います。
当時の映像を見てみると、普通のストレートで125~130km/hくらいなので、好調時の全力投球なら132~134km/hくらい出ても、おかしくないと思います。
  1. 2014/12/14(日) 13:11:50 |
  2. URL |
  3. ジェイ #w1lwYuuo
  4. [ 編集 ]

ジェイさんへ

そこまでやったら防御率が3.62どころじゃなくなってしまうのでは?
  1. 2014/12/14(日) 12:12:49 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

それでは

それでは

怪童
球持ち○
変幻自在

で、どうでしょうか。
最高速度は132~134km/h、コントロールは75~78くらいまで上げる。
パワプロ2013の最新版では、以前よりコントロールが悪くなっているようなので、これでも狙った所へ行かないことが多いと思います。
コントロール95でも、4~5球に一球は、狙った所からボール1つ以上、はずれるくらいですから。
それに、フォークの落差はもう少し有ったと思います。フォーク3ないし4でしょう。
  1. 2014/12/14(日) 11:07:27 |
  2. URL |
  3. ジェイ #w1lwYuuo
  4. [ 編集 ]

Re: 客観と主観

清原も、「星野さんの球が一番速かった」と言われているように、体感速度が速かったかも知れませんね。
上原の、「決して球速は速くないが何故か打てない」みたいな。
査定前ですが、2014年版で私が考えているのは

ノビ4
ジャイロボール
球持ち
緩急○

と思ったのですが、ノビ4を取得するとジャイロが消えるみたいです。

ノビ4もしくはジャイロ
球持ち○
変幻自在

上記の3つは全てノビ効果があるので、実質怪童ぐらいの効果はあると思われます。

コントロールの考察、興味深いです。
これは決して数字で表れない考察ですね!!
狙いすぎて逆に四球が増えたという考え。
もしかしたら星野はギリギリの所で勝負していた投手なのかも。
  1. 2014/12/13(土) 10:29:40 |
  2. URL |
  3. ジャスタウェイ #-
  4. [ 編集 ]

客観と主観

 今中慎二と共に、スローカーブの使い手として知られる左投手が、この星野伸之です。
 キャッチャーが素手で捕球したことが有ったほど、遅いことで知られていますが……。
 むしろ彼の場合、特徴が有ったのは、カーブよりもストレートでした。

 最高で130km/hちょっとしか出ないのに、150km/hを超えているように見えた、と証言する打者が多いのです。
 これはスローカーブに加え、

 1.球速は無いが伸びは有ったこと。(おそらくこれが一番大きい)
 2.球の出所が見えにくい投球フォームで、打者から見ると、投げたと思ったらもう手元まで球が来ているような、錯覚を与えたこと。
 
 その3つの相乗効果で、実際よりはるかに速く見えたらしいですね。
 実際、彼の投球内容を見てみると、イメージよりずっとストレートの占める割合が多く……。試合によっては、投球数の6割くらいストレート、ということも有ったようです。

 近年の速球投手は、スピードガンの数字に一喜一憂することが多いようですが、実際のところ、試合で重要なのは、「客観的にどれだけ速いか」ではなく、「打者から見て、主観的にどれだけ速く見えるか」なので……。一考の余地が有ると思いますね。

 パワプロで作成するなら、最高速度は132~134km/hが妥当でしょう。ただし、伸びを増すために可能な限りの手を討つべきで……。ジャイロボールに加え、「怪童」を与えるべきではないでしょうか。

 また、1試合平均3~4個の四死球を出すことから、制球力はあまり良くないと思われているようですが、彼の投球スタイルを見ると、本当にコントロールが良くなければ、もっと打たれたと思われ……。むしろ、コースを狙いすぎて四球を出していたのではないでしょうか。
  1. 2014/12/13(土) 09:15:06 |
  2. URL |
  3. ジェイ #w1lwYuuo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jastaway1104.blog.fc2.com/tb.php/1762-12f562ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。