ジャスタウェイのブログ パワプロ2013 MLBパスワード

パワプロ2013 NPB選手約400人掲載済み。MLB選手を掲載開始。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パワプロ2013 若林忠志 パスワード

パワプロ2013 若林忠志 パスワード

選手名 若林
利き腕 右投右打
投球フォーム スリークォーター20
身長 175cm
守備位置
球団 大阪タイガース
学歴 社会人卒
バット色
グローブ色
リストバンド左右色 無/無
背番号 30
生年月日 1908/3/5
再現年数 1943年
勝敗 24勝15敗
防御率 1.06
奪三振 99



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
若林1

図①

若林2

図②

若林3

図③

若林4

図④

若林パス

図⑤

若林顔パス

図⑥



参考資料

日本プロ野球偉人伝 vol.1 プロ野球誕生期の37人の豪傑たち
wiki

TOPページに戻る

テーマ:TVゲーム・PCゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2013/11/17(日) 20:56:09|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<パワプロ2013 渡辺省三 パスワード | ホーム | パワプロ2013 藪恵壹 パスワード>>

コメント

ジェイさんへ

でも本塁打は野球の華かなとも思います。
足が速い、守備が上手い、テクニックがある、本塁打を放つ怪力がいる。
色んなキャラクターがいる群衆活劇のような。


  1. 2014/12/28(日) 22:25:25 |
  2. URL |
  3. ジャスタウェイ #-
  4. [ 編集 ]

本塁打より集中打

 その本は、今日書店で見つけたのですが、私にとっては今一つで、購入しませんでした。

 それと、本塁打が無い方が、野球の技術は高度化したのじゃないでしょうか。少なくとも、守備と走塁の技術は。

 加えて……気がついていない人、あるいは忘れている人も多いようですけど、野球の「攻撃」の理想型は、本塁打ではなく集中打なんです、今でも。
  1. 2014/12/28(日) 22:10:35 |
  2. URL |
  3. ジェイ #w1lwYuuo
  4. [ 編集 ]

ジェイさんへ

少し違うニュアンスなのですが、ベーブルースが打った本塁打はファール扱いもあったそうです。
今はその領域は、本塁打扱いにしているそうなんですが。
今で換算すると109本打っていたそうです。

もし本塁打という扱いが無ければ、野球人気が余り発展しなかったんじゃないでしょうか。
と言いつつ、職業野球より人気があった六大学野球の本塁打は少なかったんですかね。

それと、ジェイさん。
昨日だったか、ベースボールマガジン社から、「日本プロ野球 変化球ヒストリー」という本が発売されているみたいですよ。
200人ぐらい掲載されているみたいです。
私は明日買ってみます!!

http://bookcart.sportsclick.jp/bbmshop01/7.1/BBM068093/
  1. 2014/12/28(日) 21:47:27 |
  2. URL |
  3. ジャスタウェイ #-
  4. [ 編集 ]

読者さんへ

投手は制球力、そして変化球の向上。
野手は守備面や守備シフトの戦術面など向上しそうですね。
勉強になります!!

  1. 2014/12/28(日) 21:38:30 |
  2. URL |
  3. ジャスタウェイ #-
  4. [ 編集 ]

もしホームランが無かったら?

ふと思ったのですが、野球のルールに「本塁打」というものが無かった場合、どうなっていたでしょうね?
フェンスオーバーの打球は、「守備の対象にならない」として、すべてファウルとするルールだったら?

当然ながら、長打力だけの打者、パワーだけが取り得の打者など、お呼びでなくなる。
「強打者」とは、今で言えば「ミートの上手い中距離打者」のことになるでしょう。

また、バッテリーを除いて、足の遅い者もお呼びでなくなります。本塁打が無ければ、攻守共に、足の速い選手が断然有利になるでしょうから。
  1. 2014/12/28(日) 21:12:28 |
  2. URL |
  3. ジェイ #w1lwYuuo
  4. [ 編集 ]

自分は飛ぶボールのほうが好きですね
最初の1,2年は大味な試合が増えるでしょうけど、数年たてば最終的にある一定の数字に収束すると思うんですよね。

それは、飛ばないボールを野手から見た場合。ホームランは出にくくなりますが、点を取る方法はそれだけではないのです。
打線をつなぐことが最優先となり打撃スタイルをかえる打者が増えるでしょう。

ただ、投手から見て飛びやすいボールというのは投球スタイルを変える程度で対応できることではありません。
打球が全体的に飛びやすくなるわけですから、ヒットも出やすくなるでしょう。その中で変化球を磨き、制球力を磨き対応していくというのはとても1,2年でできることではありません。
しかし、どんなものでもいずれは対応できるのがプロです。数年たてばある数字に落ち着いていくでしょう。

飛ぶボールのほうが野手、投手ともに成長しやすい環境であると思います。
まあ、理想は今ぐらいの反発力で4~50本打つ打者や、防御率1点台を残す投手が毎年数人出るくらいレベルの高いリーグになってくれることなんでしょうけれど。
  1. 2014/12/28(日) 17:04:20 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

ジェイさんへ

これは読者さんそれぞれで好みが分かれそうですね!!
私は面白い野球が見れればイイかなと。
少し前のWBCの、日本 V.S. 台湾戦が緊迫した試合でした。
  1. 2014/12/28(日) 13:30:55 |
  2. URL |
  3. ジャスタウェイ #-
  4. [ 編集 ]

8対7より1対0

あくまで私見、いや好みですが……。私は、野球では、できるだけ「飛ばないボール」を使った方が良いと思っています。
私は元々、派手な打撃戦より、緊迫した投手戦が好きで……打撃戦ばかりの、大味な野球は、はっきり言って見たくない。
8対7の試合じゃなく、1対0の試合が見たいんです。

それも、少なくとも6回までは、0対0でいってほしい。
終盤に、苦労に苦労を重ねて取った1点で、勝負が決まる。そういう試合が見たいんですよ。
  1. 2014/12/28(日) 09:38:13 |
  2. URL |
  3. ジェイ #w1lwYuuo
  4. [ 編集 ]

ジェイさんへ

1948年までは「飛ばないボール」の時代だから、査定は慎重にしたいと考えております。
確か1949年からラビットボールを導入したと思います!!
  1. 2014/12/27(土) 13:42:30 |
  2. URL |
  3. ジャスタウェイ #-
  4. [ 編集 ]

戦後の投手では

比較のために、戦後の投手で、被本塁打率の低かった投手を上げると……。意外なことに、あの長谷川良平なんですね。
3376回1/3で147本だから、9回平均で0.39本……。

本塁打を浴びる率が低いということは、球質が重いか、でなければ、コントロールが良くて失投や甘い球が無いということで……。
「怪物球威」は、意外と当たっていたのかもしれません。

若林の場合は、「怪物球威」と、「本塁打厳禁」が必要かもしれませんね。
  1. 2014/12/27(土) 08:29:29 |
  2. URL |
  3. ジェイ #w1lwYuuo
  4. [ 編集 ]

ジェイさんへ

0.175本は凄いです!!
もう打たれていないのと同じですね。
球が重そうなイメージのスタルヒンや別所より数字が良いなんて!!
  1. 2014/12/26(金) 22:13:04 |
  2. URL |
  3. ジャスタウェイ #-
  4. [ 編集 ]

3557回2/3で被本塁打69本

ですから若林の場合、球は速くないけど重くて、打っても飛ばなかったんです。

その証拠はちゃんと有って……。生涯に3557回2/3投げて、わずか69本しか本塁打を打たれていないんですね。

つまり1試合(9回)平均に換算すると、わずか0.175本……。昔のことだとしても、ダントツに低い数字です。

あのスタルヒンでさえ0.26本、別所毅彦が0.34本、後の金田正一が0.6本、稲尾和久でも0.5本……。
  1. 2014/12/26(金) 21:21:31 |
  2. URL |
  3. ジェイ #w1lwYuuo
  4. [ 編集 ]

ジェイさんへ

若林投手の情報まで掲載されているんですね!!
若林投手は球速が差ほど速くないイメージなので意外でした。
当時の野球は、ボール球を振らせたりなどの駆け引きがどの程度のものだったのか?
と悩みつつ、コントロールは時代を考慮して下げたと思います。
三振が少なく打たせて取る時代なので、ストライクゾーンの中で勝負していたのではないか?と考えております!!
  1. 2014/12/26(金) 20:54:49 |
  2. URL |
  3. ジャスタウェイ #-
  4. [ 編集 ]

意外に重い球だった

「豪球列伝」に、若林忠志について、意外と知られていないことが書いてあります。
 それは、「球速は無かったが、球質は重かった」ということ。
 それに、コントロールは73どころであったはずはありません。プロでも超一流のコントロールだったはずです。
 おそらく90は超えていたでしょう。

 もう一つ、若林について、面白いエピソードがあります。当時対戦した打者が言っていました。
「若林さんは、こっちが考えだしたらやられる」と。
 だから、いいバッターほど打てないのだと。無欲な貧打者のほうが、かえって良く打つのだと。

 つまりそれほど、打者の裏をかく投球術に長けていたということで……。何も考えずに、ただ来た球を打った方が打てた、ということですね。
  1. 2014/12/26(金) 20:53:28 |
  2. URL |
  3. ジェイ #w1lwYuuo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jastaway1104.blog.fc2.com/tb.php/1661-7fbe7b91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。